一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q102 百日咳菌感染症を疑っており検査を依頼したいのですが、それぞれの検査の特徴について教えて下さい。

A102

百日咳検査は、2016年にLAMP法やIgAIgM抗体測定が保険適用されたことを機に、小児呼吸器感染症診断ガイドライン2017にて診断フローが改訂されています(総合検査案内2018 77ページ参照)。その診断フローに示される検査についての特徴を下記にお示しします。

 

① 百日咳菌DNALAMP法)

・材料は後鼻腔ぬぐい液を提出。

・感度、特異度が高く、早期診断に有用。

・有効抗菌薬を投与されている場合は、偽陰性の可能性あり。

② 百日咳菌抗体(2種類の抗体を報告)

・ワクチン接種の影響を受けるため、ペア血清の判定が望ましい。

PT-IgG抗体は、2週間後から徐々に上昇し、ピークは4週間後以降。

FHA-IgG抗体は、特異性が乏しいため、参考程度となる。

③ 百日咳抗体IgA  ④ 百日咳抗体IgM

・ワクチン接種の影響を受けないため、単一検査での診断が可能。

IgMの方が、IgAと比較し、感度が高いと言われている。

 

<百日咳検査のタイミング>

*百日咳感染症は5類感染症のため、診断後7日以内に届け出が必要です。

 

お問い合わせ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 担当 生化・免疫係