一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q80 ABO 式血液型・Rh 式〈D因子〉血液型採血容器が、EDTA-2K(g)から EDTA-2Na(C)に変更されましたが、血液型と BNP を同時に依頼する場合、 EDTA-2Na 2ml を2本採取しないといけませんか。そのほか、注意する ことはありますか。

A80

はい。血液型用と BNP 用に、EDTA-2Na(C)の2本採取をお願いします。
2017年6月26日より、安全な輸血検査(血液型検査も含まれます)を実施するために自動輸血検査装置を導入し、用手法から自動化法へ変更しました。機器内は全てバーコード管理されています。測定時は、血液型検査用の専用バーコードラベルで検査をします。重複依頼の場合、BNP 検査後に血液型の検査となり、同じ検体に血液型検査用ラベルを貼付する必要があるため、検体取り違いの可能性を否定できません。安全上の観点から、血液型、BNP 検査用にそれぞれの検体採取をお願いいたします。
同様に、血液型と血液一般検査の同時依頼の場合も、EDTA-2Na(C)とEDTA-2K(g)の2本採取をお願いいたします。
小児や採血が困難など、規定量の採取が難しい場合は、検査担当者までご相談ください。

 

お問い合わせ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 担当 生化・免疫係(免疫血清担当)