一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q85 前立腺検査のPSAには、「EIA」と「高感度」の2種類がありますが、この違いは何でしょうか?

A85

PSAは、前立腺癌や前立腺肥大症で上昇しますが、特に前立腺癌で顕著に増加します。

「EIA」については測定範囲の下限が0.9までしか測定できませんが、「高感度」においては0.008まで測定できます。そのため手術後の治療経過観察や再発の推測に有用となります。

また、診療報酬点数も同一であるため、現在では「高感度PSA」の方が主流の検査方法となっています。(下記参照)また、当検査センターでは、高感度PSAを所内導入しており当日検査を行っております。

以上より、当検査センターでは「高感度PSA」を推奨しています。

お問い合わせ:代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 担当 生化・免疫係