一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q10 「血糖(血漿血糖)」と「血清血糖」との違いを教えてください。

A10

一般に血糖といわれているのは血漿血糖のことで、専用容器(灰色キャップ)での採血をお願いしているものです。
生化学用容器(茶色キャップ)で採血されたものは、血清血糖になりますが、この場合、血液を当検査センターに持ち帰って血清分離するまでの間に、混在する赤血球の解糖系により糖が消費され、血糖値が低くなります。正常者の全血を室温で 2 時間放置すると、血糖は約 20mg/dL 低下するとされています(右図参照)。そのため、血清血糖の場合は、「参考値」となります。

血糖用の専用採血管には、解糖系を阻止するフッ化ナトリウム(NaF)が添加されており、血糖の低下を防いでいます。

『臨床検査技術学 臨床検査総論(第 3 版)』P37 より 一部改変

 

お問合せ:代表 0120-14-7191(フリーダイヤル)/ 082-247-7191(ダイヤルイン)