一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q20 EBウイルス抗体検査でのFA法とEIA法の使い分けを教えてください。

A20

当検査センターにおける受託実績では、現状では FA 法のほうが多いです。しかし、感度という観点でいえば、当然 EIA 法が優れています。

特異度においても、EIA 法は抗原がリコンビナント(遺伝子組み換え)であるために優れています。とはいうものの、FA 法の抗原は培養細胞のため、幅広い抗体を検出できます。(検査項目数も FA 法の方が多い)
使い分けの一案としては、小児の伝染性単核症等における初感染診断には感度のよい EIA 法が適し、再活性化による慢性活動性 EB ウイルス感染症には抗体の倍数でわかる FA 法が良いかと思われます。

 

お問合せ:☏代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)