一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q23 細胞診検体採取から塗抹後、固定液をかけるときに注意することは何かあ りますか。

A23

細胞診の基本染色であるパパニコロウ染色は、湿固定が必須であり乾燥厳禁です(乾燥した場合には、細胞の観察が困難となり、判定に影響が出る可能性があります)。
婦人科材料や穿刺液はスライドガラスに塗抹後、直ちに(1秒以内に)固定液で塗沫面全体を覆ってください。
※当検査センターでは滴下式固定液をご用意しております。
基本の標本枚数 etc. は材料により異なりますので、『総合検査案内2012』の P138をご参照ください。

 

 

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)