一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q33 ウイルス抗体検査法の使い分けについて教えてください。

A33

自然感染(現在の感染)では感染初期に応答する EIA-IgM 抗体の検出やペア血清による抗体価の上昇を確認することが有用です。また、既往の有無やワクチンの効果判定には、感度の高い EIA-IgG 抗体の検査が有用です。
(下表をご参照ください。)

〔参考文献〕日本環境感染学会 院内感染対策としてのワクチンガイドライン【第1版】,2009
http://www.kankyokansen.org/modules/publication/index.php?content_id=4

 

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)