一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q49 血中アンモニアの検体は、なぜ除蛋白液の入った専用容器に採り、氷水中 に浸して提出しなければならないのですか。

A49

生体中では、アンモニアは蛋白やアミノ酸から生成されますが、肝臓で代謝・解毒され排泄されています。また、赤血球中のアンモニア濃度は血漿中の約3倍高いと言われています。この反応は採血後も採血管内で持続しており、検体
を放置すると赤血球からのアンモニア遊離や、蛋白・アミノ酸からのアンモニア生成により測定値が上昇します。
上記のことから、本来、血中アンモニアの検体は、採血後に除蛋白液と混合した後、“速やかに遠心分離”して上清を分離するのが理想とされています。
しかし当検査センターにご依頼の場合は、“速やかに遠心分離”することは難しく、そのため、できるだけ正確に血中アンモニア値を測定するためにも、以下の点に留意していただくことが必要となります。

 

①採血は除蛋白液入りの専用容器に採取します。
(⇒これにより、検体中の蛋白やアミノ酸が除去されます。)
②採血後すぐに氷水中に浸します。
(⇒これにより、採血管内でのアンモニア生成反応が抑えられます。)

 

できるだけ正確な検査データをお返しするためにも、上記①②を守っていた
だき、速やかにご提出いただきますよう、ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)