一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q55 ヒトヘモグロビン専用容器に採便した後の保存方法や検査可能期間につい て教えてください。

A55

ヒトヘモグロビン専用容器には糞便中のヘモグロビンを安定に保つための緩衝液が入っているため、冷蔵保存(4℃)では約2週間安定で最も良い保存方法となります。
室温保存(20~25℃)でも10日間くらいは90%のヘモグロビン残存率があるため、家庭など冷蔵保存できない場合は、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保存することをお勧めしております。
ただし、30℃を超えるような場所では2日目以降急激にヘモグロビンの安定が失われるため注意が必要です。(下記グラフ参照)

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)