一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q56 PSA(EIA 法)と PSA(高感度)との違いを教えてください。

A56

前立腺特異抗原(PSA)は、前立腺がん、前立腺肥大症で上昇しますが、特に前立腺がんで著名に増加します。
PSA(EIA 法)、PSA(高感度)共に前立腺がんのスクリーニング検査として、前立腺がんの早期診断や治療効果の判定に用いられております。
PSA(高感度)は、PSA(EIA 法)に比べ、低濃度の PSA を検出するのに優れている(☞下表参照)ため、スクリーニング検査のみならず、前立腺全摘除術後の経過観察、前立腺がん再発の早期発見などにもお使いいただけるとても有用な検査です。

▼検査案内

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)