一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q59 ノロウイルス迅速検査が改良されたと聞きましたが、新型ノロウイルス(遺伝子型 GⅡ.17)が検出できますか。

A59

当検査センターで使用のノロウイルス迅速検査(イムノクロマト法)は改良され新型ノロウイルス(GⅡ.17)の検出感度を高めたと試薬メーカーより報告がありました。
ただし、これまでの新型ノロウイルス(GⅡ.17)の検出感度より若干高まった程度であり、急性期初期のノロウイルスが大量に含まれている糞便のみが対象となります。
したがいまして、改良された迅速検査が昨年まで流行していたノロウイルス(GⅡ.4)の検出感度と同等になったということではないので注意が必要です。
上記を踏まえて当検査センターでは、新型ノロウイルス(GⅡ.17)を感度よく検出できる遺伝子検査(TRC 法)を検討し、12月中の所内導入を目指しています。
以下に、ノロウイルス GⅡ.4と GⅡ.17での各種検査の感度を一覧表でお示しします。

(*1)複数回下痢を重ねた後の希釈便でも検出できる可能性がある感度。
(*2)急性期初期段階では、108コピー/g 以上の排出がある可能性が高い。
(*3)保険点数未収載のため、ご依頼時には注意が必要です。

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)