一般社団法人広島市医師会臨床検査センター

Hiroshima City Medical Association Clinical laboratory

Q72 PT(プロトロンビン時間)やDダイマーなどの凝固用採血管(3.2%クエ ン酸 Na 入り)の採血後の検体はどのように保存すればよいですか。

A72

冷蔵ではなく室温(16~30℃)での保存が推奨されており、その理由は、結果に影響を与える可能性があるためです。
CLSI(臨床検査標準協会)のガイドラインには、遠心の有無にかかわらず、血漿分離されていない検体の冷蔵保存は推奨されていません。冷蔵により PTでは第7因子の活性化、APTT では vWF(von Willebrand 因子)と第8因子の低下の可能性があるためとされています。
なお『総合検査案内』では、2015年版発行時には「室温」に変更しています。

 

 

お問合せ:☎代表 0120-14-7191(フリーダイヤル) / 082-247-7191(ダイヤルイン)