ごあいさつ

 会員の皆様におかれましては、平素より広島市医師会臨床検査センターをご利用いただき誠にありがとうございます。
 広島市医師会臨床検査センターは昭和36(1961)年の開所以来、53年間一貫して『会員のための検査室』として地域医療の支援拠点施設としての役割を担ってまいりました。会員支援のための診療支援としては、精度管理はもちろんのこと、臨床に沿った検査項目の多様化、検体回収・結果報告の迅速化、各種情報発信に努めています。また、経営支援として、検査料金を含め各種サービスの充実に取り組んでいます。
 昨年、平成25(2013)年には会員の先生方のニーズにお応えし、検査オーダリングシステムの提供を開始いたしました。今後も積極的に医療機関の高度化や効率化等に寄与するべくIT支援を行ってまいります。また、本年2月には、平成25年度広島県臨床検査精度管理調査におきまして、最優秀施設として表彰されました。引き続き、皆様の信頼にお応えできるよう、検査精度の維持・向上に努めてまいります。
 私たちが行動する上で最も大切にしている『親切』『丁寧』を基本姿勢とし、会員支援を第一義に、より高いレベルでのサービス提供に努め、会員と地域の皆さまと共に歩む、広島で一番信頼される検査センターを目指し、役職員一丸となって邁進してまいります。今後とも、地域の皆さま、そして、会員の皆さまのご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
広島市医師会 会長 松村誠
広島市医師会
会長 松村 誠